青汁効果の比較と信頼あるランキングを見極めよう

青汁に漠然と健康効果があるという期待を持って定期購入したは良いが味が合わないとか体に合わず続けられることが出来なかった。かなり多くいると思います。その反対に青汁歴20年です。これがないともうやっていけませんという人もたくさんいます。この差はどこから生まれるのでしょうか。一つは粉末状のケール青汁は不味い?飲み方の工夫でおいしくなる!で説明した飲み方の工夫や青汁自体に差があると思います。

青汁ほど健康食品でロングセラーを飛ばし当たり前の商品になっているものも珍しく、その結果新たな青汁系企業も誕生し青汁をいかに売るかはいかに美味しく続けやすくするかという点はもはや当たり前になりました。お金のなる市場なので、中途半端な青汁メーカーが小銭稼ぎで参入しているのも事実です。しかし、そういった企業の青汁はなにかずれているというか、この時代に不味い青汁を出していたり、成分が中途半端だったりと足りない点が多数あるのも事実です。続かない人のすべてがそうではありませんが、ひょっとすると人気でないマイナー青汁を定期購入してしまったと言う事実もあるのではないでしょうか。

人気の青汁を試すべし!信頼性あるランキングの見極め方は楽天に鍵あり

まず、人気で信頼できる青汁を比較して選ぶことが大事だと思います。でも意外と人気の商品って探すのが大変なんですよね。ネットに疎い方はドラッグストアで「これがおすすめ」とかポップメッセージを見ただけで買ってしまうと思いますが、あれはドラッグストアの方が売るために少ない比較対象から選んだ青汁におすすめといっているだけなので、私はあまり信用していません。一つの材料としては検討材料にはいれています。

では、どこで探すのが一番か。いえ、一番はなのですが、様々なランキングを参考にするのがよいと考えています。その中でも鍵となるのが楽天です。人によっては楽天を嫌う方もいるかもしれませんが、健康食品だけで考えるとアマゾンより楽天のほうが健康食品を愛している人達が多い気がします。目の肥えたダイエッターなども多いと思います。

販売メーカーもおそらくそれは意識しているのだと思います。楽天でランキング上位に入ると認められたと思うのでしょう。よく自社サイトに楽天ランキング○位に!なんて文言をみかけます。それと同じようなものだと@コスメのランキング等もあります。@コスメはコスメ中心ですが健康食品の口コミを見るのには非常に参考になります。 売れているから人気なの?それ違くないと揶揄する人もいますが、私はマーケティングがうまいだけではロングセラーにならないと考えている人間です。だから楽天で一時的に売り上げ上位に来ても中身が薄い商品はやがて消えていくと思っています。

思っていますと言うか、実際に消えて言った青汁は多数みてきました。

その理論から考えてみてください。今人気のロングセラーの青汁は長年既存のお客さんに愛されているから生き残っているという意味合いを含んでいると家はしないでしょうか。

長年人気なのをいくつか紹介すると、えがおの青汁、サントリーの青汁、ふるさと青汁、などがあります。

飲みやすさや、大麦若葉、ケールなど選ぶポイントはありますが、こうった時間という一番の多くの人の信用審査にさらされて残った青汁は信頼できます。

青汁に効果なし?と決めるお試し期間を決めておく

飲みやすさや配合成分が良いのはわかった。しかし、青汁を飲んでも全然効果が無かったのだが・・・。これどこに効果を置くかという点と、飲む期間に問題があるのではないかと思っています。

人によっては1日とかで、効果が無いと判断してしまう人もいると思います。また、青汁以外の生活がめちゃくちゃ乱れていたら体調が悪くなり青汁飲んだのに良くならなかったという人の声も。。。これはそりゃそうだろと思います。

基本的に青汁含めた、健康食品は薬ではないので生活習慣を直しつつ、補助食品という形でとるだけのものです。だから何かが治るという効果は期待できません。

でも変化がほしいですよね。青汁で口コミで変化が出たと言うのをまとめると、便秘や青汁をとっているせいか肌の調子が良い気がすると言う口コミです。効果?といっていいのかはわかりませんが、各自がこういった目的を決めることがまず第一に大事です。

それと健康食品ですから、食べ物を食べて変化をみるのと同じ期間はお試し期間として定めておいたほうがよいと思います。最低でも1ヶ月は見ないと駄目ですよね。私が新しい健康食品を試す時は3ヶ月を見ています。青汁などの健康食品で定期購入をすると安く買えるのですが、3ヶ月くらいを契約期間にしているところが多いので、そこまでは試してみようと言う作戦ですね。

実際3ヶ月試してみて、まったく変化が無かったと言うのもあればなんか調子が良いといのもあります。相性だったり色々あると思うので仕方ないかなと割り切っていますが。

コンテンツ